こんばんは。節約投資家@3000万まめこです。

先日ランチに食べた、すき家の牛皿定食に、マクドナルドのキャラメルラテを飲んだら速攻ニキビができて、なんて分かりやすい肌なんだとだいぶ凹んでいますが(笑)、気にしないでいきたいと思います。

過日より、「働き方改革」に向けて鋭意猛進中なのですが、DODAの無料キャリアタイプ診断が、無料のわりにはとても優れていて大変参考になりましたので、ここで共有したいと思います。

11年前、まめこはリクルートエージェント経由で転職しましたが、今回はエージェントサービスは申し込んでいません。

DODAのサイトを開いて、画面右下のバナーをクリックするとでてきます。
https://doda.jp/

https://doda.jp/dcfront/personality/personalityIndex/

120問の回答に10分ほどで直感で答えます。

キャリアタイプ診断結果としてパーソナリティ診断結果と、キャリア診断結果の2つがあります。

順番にみていきたいと思います。

パーソナリティ診断結果

性格・気質傾向

まずは気になる、性格・気質傾向です。
強み:緻密生
弱み:外交性

とあります。まったくその通りでちょっと笑ってしまいました。
たった10分でわかってしまうものなんですね。

外交性が正直まずいレベルです(といっても、会社にはちゃんと行って、海外ともコミュニケーションとって、せっせと仕事しているとアピール)
外交性を補う猛烈な反撃(緻密生、真面目なところ)で頑張りたいと思います。

能力傾向

つづいて能力傾向です。
どのくらいの数値が基準なのかが記載がなくわかりませんが、そこそこ平均的、ということでしょうか。(と良い意味に解釈してみます)

行動基準

そして、行動基準です。
何を基準に日々考えて行動しているか。

これは職種や商材にもよるかと思いますが、やはり会社員として勤務している以上は、特に業務における諸々の基準がガチガチに決まっているような場合は、個人の興味関心、ポシリーは考慮される余地は少ないのではないかと思います。

「組織の目標設定」が大きくなってしまうのはしょうがないのかなあと感じています。

決して「相手のニーズ」を忘れているわけではありませんが、本当は「相手のニーズ」と「組織の目標達成」がバランス取れているとよいのかもしれません。

パーソナリティ診断結果まとめ

おまちかね?の診断結果まとめです。
物事の見方に対するバランスが優れているらしいです。ちょっとよいことが書いてあります。

ただ、好調と不調の時にムラがあるのはよろしくないですね。おそらく睡眠不足の日に間違いない!ので、気をつけていきたいと思います。

キャリア診断結果

向いている仕事スタイル

向いている企業風土

縁の下の力持ちとして現場をサポート、
11年前の転職時にもそのようなことを言っていた気がします。

耳が痛い指摘部分は、今後十二分に留意することにして、得意分野を広げていきたいです。

さすがDODAさん、10分で無料でここまで人の内面をあぶり出してくれるとは、素晴らしいです。

お読みいただきありがとうございます。